10月例会

 第94回 住環境ネット・さいたま

10月集会のお知らせ 

柿の実が色増すの候、紛争中の皆様におかれましては、毎日ご苦労様です。かねて打ち合わせの通り、次回はコレで、紛争解決と制度改正に向けて前進しましょう。

1 日  時 平成29年10月14日(2土曜)午前10時から2時間
2 場  所  JR 浦和駅 東口 パルコ9階・ラウンジ F(予約済)
3 議  題

(1)紛争中地域の事例研究・・・・問題提起と質疑応答

紛争の原因?
何が問題になっているのか?
制度をどう変えるか?

(2)協議事項

(あ)行政の動かし方

行政指導もしない、地域住民との調整もしないのをどう動かすか。
紛争防止の仕組みつくり (荒川区環境保全条例、横浜市の条例とか)
行政の無為無策により、都市計画行政の破綻も見え隠れする事態に。

(い)業者の動かし方

「環境を守る会」を無視して個別に交渉に来る代理人への対応。
(建築主、施工者、設計者、工事の現場監督それぞれ)への抗議の仕方。
社長の経営責任(株主 経営者 従業員 顧客 取引先)。
企業の在り方。企業倫理の欠如。儲け優先のスレスレマンション。
社是・社訓とか事業責任者の住民説明の在り方とガイドラインの必要性とか。
街壊し、市街地の将来は?

(う)その他

◎ ホームページのお引越しについて (実技指導
作成委員会からレイアウトのご相談、HPの使い方など。
◎ 市長選アンケートの清水市長の公約の部分について

◎ ドイツの都市問題に詳しい水島さんの帰国報告会の開催案内
(3)報告事項 (事務局から・・・・時間があれば)

都市再生特措法 政令で緊急地域(53特区)                森ビル有利子負債増日銀緩和で―17億円 余剰マネーによる不動産投機の過熱                     品川用地二重使用、企業の経営方針、対業者、対行政、HP使用実技指導、
選挙公約、投票率31%、「運命の10年」、行政担当者人事異動、
市長選挙のアンケート配達・回収3か所のご報告と今後の処理
国土形成計画首都圏広域地方計画(東日本の対流拠点)、大宮駅周辺の街つくり
(官民学)美園タウンマネジメント協会(美園子育てスタイルBambi
人口減や高齢化を前に、市民、事業者、行政が一緒に汗をかき、・・・・(嘘)

4   次回日程予定 第2土曜日(11月11日)午前 パルコ9階 ラウンジ

9月例会

 第93回 住環境ネット・さいたま

9月集会のお知らせ 

熱帯夜がやっと終わって、朝晩せみが騒ぎだすの候、紛争中の皆様におかれましては、毎日ご苦労様です。かねて打ち合わせの通り、次回はコレで、紛争解決と制度改正に向けて前進しましょう。

1 日  時 平成29年9月9日(2土曜)午前10時から2時間
2 場  所  JR 浦和駅 東口 パルコ9階・ラウンジC(予約済)
3 議  題
(1)紛争中地域の事例研究・・・・問題提起と質疑応答
紛争の原因?
何が問題になっているのか?
制度をどう変えるか?
(2)協議事項
(あ)行政の動かし方
行政指導もしない、地域住民との調整もしないのをどう動かすか。
紛争防止の仕組みつくり (荒川区環境保全条例、横浜市の条例とか)
行政の無為無策により、都市計画行政の破綻も見え隠れする事態に。
(い)業者の動かし方
「環境を守る会」を無視して個別に交渉に来る代理人への対応。
(建築主、施工者、設計者、工事の現場監督それぞれ)への抗議の仕方。
社長の経営責任(株主 経営者 従業員 顧客 取引先)。
企業の在り方。企業倫理の欠如。儲け優先のスレスレマンション。
社是・社訓とか事業責任者の住民説明の在り方とガイドラインの必要性とか。
街壊し、市街地の将来は?
(う)その他
◎ ホームページのお引越しについて (実技指導
作成委員会からレイアウトのご相談、HPの使い方など。
◎ 市長選アンケートの清水市長の公約の部分について

◎ ドイツの都市問題に詳しい水島さんの帰国報告会の開催提案
(3)報告事項 (事務局から・・・・時間があれば)
品川用地二重使用、企業の経営方針、対業者、対行政、HP使用実技指導、
選挙公約、投票率31%、「運命の10年」、行政担当者人事異動、
市長選挙のアンケート配達・回収3か所のご報告と今後の処理
国土形成計画首都圏広域地方計画(東日本の対流拠点)、大宮駅周辺の街つくり
(官民学)美園タウンマネジメント協会(美園子育てスタイルBambi
人口減や高齢化を前に、市民、事業者、行政が一緒に汗をかき、・

4 次回日程予定 第2土曜日(10月14日)午前 パルコ9階ラウンジ

8月例会

平成29年 8月7日

    • 各   位
      住環境ネットさいたま 事務局
      第92回 住環境ネット・さいたま
      8月集会のお知らせ 
      立秋の候、紛争中の皆様におかれましては、世の為人の為にも毎日ご苦労様です。ねて打ち合わせの通り、次回はコレで紛争解決と制度改正に向けて、前進しましょう。
      1 日  時 平成29年8月19日(第3土曜)午前10時から2時間
      2 場  所  JR浦和駅東口 パルコ9階・ラウンジC

Message body

住環境ネット・さいたま     平成29年8月6日
事務局 http://jyukeikan.wp.xdomain.jp/

冠省 8月のミーティングは19日になりました。

お盆の前で準備とかに多用中のため。
いつもの第2土曜日が第3土曜日に1週間ずれています。
場所と時間は同じです。

議題は 紛争中の解決と制度改革

(1)各紛争地域の事例研究・・・・・問題提起と質疑応答
紛争の原因?
   何が問題になっているのか?
   制度をどう変えるか?
 
(2)協議事項  詳細はお目文字の上で。


い)動かない行政の動かし方
    

       ろ)スレスレ業者の対応の仕方

     は)ホームページの使い方

永瀬 mobile:090-6154-0741

常盤1丁目(浦和常盤1丁目住環境保全の会)

さいたま市が住民生活を危険にする道路(平成29年11月20日)

  1. 道路幅員がおかしい                                                     昭和42年に道路拡幅、下水道管の設置、西側ラインのみ側溝設置工事が行われ、昭和49年3月 30日に道路認定されていたが、なぜか昭和60年道路台帳整備で同路線の幅員を仲町1丁目は3.64m常盤1丁目方面を2.73mにして道路中心線を動かしたようであり、それにより現存するUL字側溝上に境界プレートを貼り付け、側溝上の水たまりには目皿を取り付けるなどおかしいことが起きている。  マンション等の建設に合わせ現存の側溝設置側でセットバックさせられている。                        ・・・行政の「側溝は無い」はおかしい・・・              
  2. 官民境界の偽造承諾書                                                                         立会いもしていないのに承諾書があると言い張るが、全員の承諾書は存在せず、また所有者でない地番に承諾書が存在するなど偽造していることは明白である。                                                                                                                                                                                                             
  3. 杜撰な管理体制                                                         なぜ、この区域だけ分流にしたのか? マンホールだらけである。                                                     平成2年の汚水管工事の計画や設計の記録が残ってなく、竣工図を反映した台帳で管理され、下水道台帳、側溝台帳図(側溝ナシ・側溝台帳図の黒い点がマンホールとか)・雨水管いつ設置されたか分からず台帳図はナシである。                                                   現存する深さ1.6mほどの雨水マンホールの状態は、蓋付近の鉄製足かけ上部がボロボロ状態で酷い内容であり、雨水取り入れ桝の多発など不可解な工事内容が多々あり、現在の下水分流式対応は信頼できず、昭和に造られた立派な下水道は平成11年まで確認しているが、現在どうなっているのか?
  4. 酷くなる一方の道路                                                     路面の亀裂、地盤沈下で相当凸凹状態になり歩行に苦労する。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    しっかりした管理体制が正常に機能していればこのような状態にはならないのではないかと思う。    市民の生活道路であり、以前から修繕を申し出ているが応じて貰えない。
  5. 行政当局から納得のいく説明は得られない。                                                 「市民と共につくる市民参加の協力の市政」とか言いながらごまかしのような事ばかりで、いまだに行政当局から納得のいく説明は得られない。