会員ブログ」カテゴリーアーカイブ

常盤九丁目・三丁目環境を守る会

 

条例違反のマンション「(仮称)エルシード北浦和」「さいたま市中高層建築物の建築及び大規模開発行為等に係る紛争の防止及び調整に関する条例」には建築確認申請の提出の30日前には、住民からの意見書に回答した意見対応報告書を提出しなければならないとあります。
株式会社グローバル・エルシードが常盤3丁目元川上医院跡に計画している116坪に13階建てのマンションについての市への意見対応報告書の提出は7月3日でした。
建築確認申請ができるのは8月1日ですが、設計担当の株式会社千都建築設計事務所は7月12日に建築確認の審査機関に申請を正式に出したそうです。
意見対応報告書の審査が終了していれば期日前に建築確認申請ができるとあります。が、市はまだ審査終了の通知を出していませんので、この行為は条例違反です。
どうせ分かりゃしないよと、市民をあなどり工事を急ぐ業者とそれを黙認する行政に憤りを感じます。「エルシード北浦和」の近隣・周辺住民が結成した「常盤3丁目住環境を守る会」では市長への陳情書を7月27日に提出し調査是正を要請しました。
常盤9丁目・3丁目住環境を守る会

常盤1丁目(浦和常盤1丁目住環境保全の会)

さいたま市が住民生活を危険にする道路(平成29年11月20日)

  1. 道路幅員がおかしい                                                     昭和42年に道路拡幅、下水道管の設置、西側ラインのみ側溝設置工事が行われ、昭和49年3月 30日に道路認定されていたが、なぜか昭和60年道路台帳整備で同路線の幅員を仲町1丁目は3.64m常盤1丁目方面を2.73mにして道路中心線を動かしたようであり、それにより現存するUL字側溝上に境界プレートを貼り付け、側溝上の水たまりには目皿を取り付けるなどおかしいことが起きている。  マンション等の建設に合わせ現存の側溝設置側でセットバックさせられている。                        ・・・行政の「側溝は無い」はおかしい・・・              
  2. 官民境界の偽造承諾書                                                                         立会いもしていないのに承諾書があると言い張るが、全員の承諾書は存在せず、また所有者でない地番に承諾書が存在するなど偽造していることは明白である。                                                                                                                                                                                                             
  3. 杜撰な管理体制                                                         なぜ、この区域だけ分流にしたのか? マンホールだらけである。                                                     平成2年の汚水管工事の計画や設計の記録が残ってなく、竣工図を反映した台帳で管理され、下水道台帳、側溝台帳図(側溝ナシ・側溝台帳図の黒い点がマンホールとか)・雨水管いつ設置されたか分からず台帳図はナシである。                                                   現存する深さ1.6mほどの雨水マンホールの状態は、蓋付近の鉄製足かけ上部がボロボロ状態で酷い内容であり、雨水取り入れ桝の多発など不可解な工事内容が多々あり、現在の下水分流式対応は信頼できず、昭和に造られた立派な下水道は平成11年まで確認しているが、現在どうなっているのか?
  4. 酷くなる一方の道路                                                     路面の亀裂、地盤沈下で相当凸凹状態になり歩行に苦労する。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    しっかりした管理体制が正常に機能していればこのような状態にはならないのではないかと思う。    市民の生活道路であり、以前から修繕を申し出ているが応じて貰えない。
  5. 行政当局から納得のいく説明は得られない。                                                 「市民と共につくる市民参加の協力の市政」とか言いながらごまかしのような事ばかりで、いまだに行政当局から納得のいく説明は得られない。